葉酸サプリってどうして必要?おすすめ3選を紹介!

父親の育児の悩み解決

産婦人科などでも「妊娠前から葉酸は積極的に摂取すべき」とよく指導があります。しかし、赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸の重要性を、女性の多くがあまり知らないのです。では、皆さんの奥さんは葉酸の重要性を知ってしますか?

奥さんが葉酸の重要性を知らないのであれば夫として、父親になる身として皆さんが教えてあげてください。ただ、なぜ葉酸が必要なのか説明する必要があります。今回は、葉酸の必要性と、おすすめの葉酸サプリについてご紹介しましょう。

妊婦に葉酸が必要な理由

「葉酸は妊娠前から摂取すべき」と聞いたことのある方もいると思います。しかし、なぜ妊娠前から葉酸を積極的に摂取するべきか、説明を求められてもはっきりとは答えられないはず。では、妊婦に葉酸が必要な理由をご説明しましょう。

新生児障害のリスクを軽減してくれる

妊娠前から妊娠初期にかけて、十分な葉酸を摂取することで「新生児障害」のリスクを70%ほど減少させられるとの報告があります。葉酸は細胞分裂には欠かせない栄養素の1つで、特に妊娠初期の組織形成には欠かせないのです。

巨赤芽球性貧血の予防につながる

妊娠中に葉酸が不足すると、妊婦が「巨赤芽球性貧血」にかかりやすくなると言われています。これは妊娠初期に関わらず、中期や後期にも注意の必要なこと。赤ちゃんにしっかり栄養、酸素を送るためにも貧血は避けたい状況です。

葉酸はどれくらい摂取すべき?

妊娠中のリスクを少しでも下げるために、妊娠前から十分な葉酸の摂取は欠かせないと言えます。新生児障害は「二分脊椎症」や「無能症」などの原因に。では、妊娠前から葉酸はどれくらいの量を摂取しておくべきなのでしょうか?

普段の2倍は摂取したい

妊娠期間によっておよそ摂取しておくべき葉酸の量が決まっています。

  • 妊娠前…480μg
  • 妊娠初期…480μg
  • 妊娠中後期…480μg
  • 授乳期…340μg

普段であれば葉酸は1日240μgでいいと言われています。つまり、妊娠を望むころから普段の2倍は摂取したいとうこと。ただ、葉酸は吸収率の低い栄養素で、食事から摂取するのは大変。「葉酸サプリ」も一緒に活用するのがいいでしょう。

過剰摂取は副作用のリスクも

ただし、葉酸サプリを活用するなら、「過剰摂取」に気をつけてください。厚生労働省によると、葉酸の1日の摂取量は1,000μgまで。葉酸サプリを容量以上も摂取すると吐き気、食欲不振、不眠症などにつながる可能性があります。

葉酸サプリのおすすめ3選

もし、奥さんが葉酸の重要性を知らないのであれば夫として、父親になる身としてぜひ教えてあげてください。葉酸の重要性を説明するついでに、葉酸サプリをプレゼントしてもいいかも。では、おすすめする葉酸サプリ3選をご紹介しましょう。

ベルタ葉酸サプリ

通販やネット販売で人気なのが「ベルタ葉酸サプリ」。葉酸だけでなくビタミンB1やビタミンB6、クエン酸や乳酸菌など全77種類もの栄養素などが配合されたオールインワンサプリです。人気サプリなだけに、口コミが多いのもポイントです。

エレビット

CMでおなじみなのが「エレビット」。バイエル薬品株式会社の提供する葉酸サプリで、世界的にも展開されている安心のブランドです。また、葉酸と同時に、鉄分がしっかり配合されているので妊娠中の貧血予防にもピッタリと言えます。

葉酸カルシウムプラス

葉酸サプリと言えば、でまず名前の挙がるのがピジョンの「葉酸カルシウムプラス」。薬局や赤ちゃん用品店にはまず置いてある葉酸サプリで、産婦人科でもおすすめされるほど。葉酸と鉄分、カルシウムの3つが摂れるシンプルさも良いです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、夫として、父親になる身として奥さんにおすすめしたい「葉酸サプリ」についてまとめてみました。葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素の1つで、特に妊娠前から妊娠初期にかけて普段の2倍は摂取しておくべき栄養素です。

ぜひ、奥さんに葉酸の必要性を説明し、妊娠前から葉酸サプリを活用して元気な赤ちゃんを授かってください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA