パパ・ママ教室に行ってきた!妊娠体験に沐浴練習

父親の育児の悩み解決

こんにちは。「ぱぱのこ」を管理しています、Studio TRUNK.代表の堀本一徳です。

今日は、私の地元で開催された「パパ・ママ教室」に行ってきました!「ママ・パパ教室」ではなく、今回は父親が主体となる「パパ・ママ教室」、こことても大事です。

初めて父親に、母親になる方にとって妊娠、出産、育児というのは「何をすれば?」と分からないことだらけかと思います。かくいう私自身も、今だに分からないことだらけです。

では、実際にパパ・ママ教室ではどのようなことを教えてくれるのか、体験できるのかをご紹介しましょう。

パパ・ママ教室って何をするの?

父親の育児の悩み解決

「パパ・ママ教室」とは、市区町村など行政が主催する、これから父親・母親になる方を対象とした妊娠・出産・育児セミナー。いわゆる「プレパパ・プレママ」のための勉強会のことです。

私が出席したパパ・ママ教室のスケジュールは、

  • 自己紹介(名前、妊娠週数、意気込み?)
  • 妊娠中の過ごし方(無理せずゆったり的な?)
  • 陣痛から出産までの流れ(かなりリアルなビデオ)
  • 父親を対象とした妊娠体験
  • 栄養のはなし(妊娠中の食事、栄養管理)
  • 赤ちゃんの沐浴体験

今回のパパ・ママ教室は日曜日に開催されたこともあり、およそ10名前後の父親が出席していました。なぜか自己紹介から始まり、教科書を使っての勉強会とまるで学生に戻ったかのような気分に。

助産師さん、栄養士さんなどプロの講師陣が妊娠中の過ごし方、出産時の注意点、育児までに覚えておくことなどを教えてくれます。場所にもよると思いますが、教科書がもらえたので復習もバッチリです。

妊娠体験で妊婦の大変さを知る

父親の育児の悩み解決

今回、私がパパ・ママ教室に出席した1番の目的が「妊娠体験(妊婦体験)」。妊娠中は一般的な体型の方で6〜8kgほど、人によっては10kg近くも体重が増加します。男性だとちょっとどれほど大変なのか分からないもの。

妊娠体験では妊婦さんが実際に抱えているくらいの重りをお腹に装着します。私が装着した重りは5kgほど。正直、座ってから立ち上がるのさえ大変で、一度寝転んでしまうと思うように寝返りもうてない状態でした。

よく、「あれ取って」と奥さんにお願いしていましたが、妊娠体験をしてからは申し訳ない気持ちでいっぱいに。私たち男性はほんの数分で済みますが、奥さんは24時間何カ月もこの状態なのですから相当大変なはずです。

沐浴練習であたふた…

父親の育児の悩み解決

妊娠体験の次に、私がパパ・ママ教室で体験したかったのが「沐浴練習」。沐浴は女性だと手の大きさ、力の強さなどで大変がことが多くあります。男性として、父親として沐浴はビシッと決めておきたいところです。

しかし、実際に沐浴練習をしてみると、まったく動かない人形にさえあたふた…。赤ちゃんの体調を考えるのならわずか5〜10分ほどで洗い終える必要があるとのことで、いきなり自分の子で実践なんてとてもできそうにないです。

ちなみに、沐浴練習を体験して思ったのが、ガーゼは多めに用意しておくこと、赤ちゃん用のボディーソープはポンプ式がいいということ。特に、泡で出てくるボディーソープだと、片手でも泡立つのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、私が実際に経験した、パパ・ママ教室の内容について簡単ですがまとめてみました。誰しも最初から完璧な父親、母親にはなれません。まして、初産であれば妊娠・出産・育児と分からないことだらけかと思います。

ぜひ、地域のこうしたコミュニティーに積極的に参加して、少しずつでも父親になる準備を進めてみてくださいね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA