ベビーカーランキング!おすすめ機種と選ぶコツ

父親の育児の悩み解決

赤ちゃんとのお出かけには欠かせない「ベビーカー」。ただ、一口にベビーカーと言っても、メーカーごとに様々なシリーズが提供されています。正直、「ベビーカーってどれも一緒に見えて、1つに絞れない!」と困っている方も多いのでは?

今回は、父親におすすめしたい、ベビーカーランキングをご紹介します!ベビーカーを選ぶ上で知っておきたい種類と特徴、選ぶコツについてもまとめました。初めての1台としてはもちろん、2台目のベビーカー選びの参考にもしてみてください。

ベビーカーの種類

ベビーカーと一括りにしていますが、実はベビーカーには大きく分けて4つの種類があります。種類ごとに特徴があり、赤ちゃんの月齢や使用目的などに合わせて選ぶことが。知っておくことで赤ちゃんは快適に、使いやすいものが選べます。

A型ベビーカー

A型ベビーカーとは、座面を限りなく水平にまでリクライニングできるタイプです。赤ちゃんを寝かせた状態で乗せられるので、首がすわる前の生後1カ月から使うことが。対面式のものも多くあり、赤ちゃんの顔を見ながらお散歩を楽しめます。

B型ベビーカー

B型ベビーカーとは、コンパクトで軽量設計のされたタイプです。座面のリクライニングはできないので、首や腰回りがしっかりしてくる7,8カ月ごろの赤ちゃん向け。A型ベビーカーに比べてお手頃価格なので、2台目として選ぶのに向いています。

3輪タイプベビーカー

3輪タイプベビーカーとは、その名の通り「3輪」で支えるタイプです。タイヤ1つずつが大きく設計されていて安定感があり、前輪が1つなので小回りが効きます。欧米諸国では人気のタイプで、父親がランニングついでに押していくほどです。

2人乗りベビーカー

2人乗りベビーカーとは、双子向けの2人乗り用のタイプです。横2列と縦2列の2種類があり、基本的には双子を持つ家庭用と言えます。ただ、横2列だと横幅を取るので、人混みの多いところに行くのなら縦2列が移動しやすいです。

ベビーカーを選ぶコツ

ベビーカーの種類と特徴が分かれば、ある程度は必要なタイプのイメージが湧いてきます。しかし、タイプが決まっても、さらにタイプごとにメーカーごとに様々な種類が。では、ベビーカーを選ぶより具体的なコツをご説明しましょう。

月齢に合わせて

まず、ベビーカーは「月齢」に合わせて選びます。どのベビーカーにも「何カ月から」「何歳から」と適切な月齢、年齢が記載されています。赤ちゃんの体はたった数カ月で大きく変化するので、まずは月齢に合わせたものをチェックしてください。

ライフスタイルに合わせて

次に、ベビーカーを使用する目的、ライフスタイルに合わせることも大切です。例えば、家から直接移動するのならしっかりした作りで安定したものを。車に乗せて移動するのなら、できるだけ軽くてコンパクトなものを選ぶと使い勝手がいいです。

安心な機能がついている

また、赤ちゃんを守るために安心機能にも注目したいところ。地面からの反射熱から赤ちゃんを守ってくれる「ハイシート(座面が高い)」「反射板」の付いているもの。シングルタイヤよりも、ダブルタイヤの方が安定感があり小回りも効きます。

SG基準に準拠している

最後に、「SG基準」に準拠しているのかは要チェックです。(財)製品安全協会ではA型ベビーカー、B型ベビーカーに対して安全基準(SG基準)を設けています。SG基準に準拠しているものであれば、父親として安心して選べます。

おすすめランキング10

ベビーカーを選ぶコツをまとめてきましたが、1番大切なのは実際に使ってみて赤ちゃんが快適なのかどうか。できれば実際のベビーカーに赤ちゃんを乗せて、反応を見ながら選ぶのがいいです。では、おすすめランキング10を見ていきましょう。

10位:コンビディアクラッセ

「空気で守る」をコンセプトに、赤ちゃんを振動から守れるよう設計されたA型ベビーカーです。最新の振動レスシステムが採用され、道路のちょっとした振動から赤ちゃんの頭や首を守ることが。「ハイシート」で設計されているのもポイントです。

9位:エアバギーココ

丸みを帯びたキュートなデザインの3輪タイプベビーカー(ストローラー)です。また、可愛いだけでなく、3輪ならではの安定感と小回りで父親と赤ちゃんのお出かけにもぴったり。0カ月から3歳ごろまでと、長く使えるので家計にも優しいです。

8位:ストッケ スクート2

座面の角度を3段階に、赤ちゃんに対して対面・背面の2通りに切り替えられるA型ベビーカーです。前輪部分が360度回転するので小回りが効き、コンパクト設計なので人混みでのお出かけにも。都会暮らしにぴったりなベビーカーです。

7位:クイニー ジャズ

個性的なフォルムをしているとB型と3輪タイプベビーカーを掛け合わせたものです。フレームを極力減らした設計が採用され、しっかりした作りながらコンパクトでスッキリしたデザインに。肩掛けストラップでそのまま肩で背負うこともできます。

6位:コンビ メチャカルハンディ

コンビの提供する「いちばん軽い」をコンセプトに設計されたA型ベビーカーです。また、「エッグショック(衝撃吸収素材)」が採用され、新生児の柔らかい頭や首回りをしっかりサポートしてくれます。実際に触ってみるととても柔らかいです。

5位:アップリカ ラクーナ

赤ちゃんの感じる振動を極力抑えるよう設計されたA型ベビーカーです。座面下部の「衝撃吸収シート」が座面に伝わる振動を吸収し、「ダブルタイヤ(1箇所に2輪)」で走行中の安定感が維持されるので赤ちゃんも父親も安心です。

4位:ピジョン ランフィ

赤ちゃんの快適性に注目したA型ベビーカーです。座面はメッシュベースなので通気性が高く、頭部や背面シートは取り外してそのまま洗濯することが。シングルタイヤながらも1つの直径が18cmと大きく、安定感も十分にあります。

3位:マジカルエアープラス

重量3.5kgと軽く、女性でも持ち運びやすいB型ベビーカー。「Wサーモメディカルシステム」によりアスファルトからの照り返しをカット、大型の「サンシェード」で日差しを遮ります。また、最大20Lのバスケットが搭載され買い物もしやすいです。

2位:アップリカ オプティアAB

機能性抜群で人気のA型ベビーカーです。ほぼ水平になる「フルリクライニング」に「ハイシート」、通気性の高い「シルキーエアシート」に丸洗いできる「洗えるシート」、振動を最大40%軽減する「ダブルサスペンション」と1台に詰まっています。

1位:アップリカ ソラリア

赤ちゃんと父親、両方に優しいA型ベビーカーです。4層構造の「リバーシブルシート」は季節に合わせて通気性、保湿性を調節することが。軽い押し心地と、小回りの効くワイドタイヤで長時間の移動でもあまりストレスなくできます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、父親にこそおすすめしたいベビーカーランキングをまとめてみました。ベビーカーを選ぶ上でもっとも大切なのは、「実際に使ってみて選ぶ」ということ。まずは赤ちゃん用品のある店頭で機能を、使い勝手を比較してみるのがいいでしょう。

ただ、実際に購入するとなると、Amazonや楽天などネット通販の方が安いこともあるのでぜひチェックしてください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA