父親だからこそ読み聞かせ!年齢別おすすめ絵本

父親の育児の悩み解決

「読み聞かせ=母親の仕事」と思ってはいませんか?確かに、日中に仕事だと子どもと接する機会は少ないもの。どうしても母親が読み聞かせする機会が多くなります。しかし、だからこそ父親が絵本の読み聞かせをする意味があります。

ただ、実際に絵本の読み聞かせをするとして、「何を、どう読み聞かせすれば?」と分からないことだらけかと思います。そこで、今回は父親だからこその理由と読み聞かせのポイント、年齢別のおすすめ絵本についてご紹介しましょう。

父親の読み聞かせが子どもを育てる

おやすみ前の読み聞かせ、子どもにとっても特別な時間です。遅くまで仕事しているとなかなか大変ですが、科学的にも父親の読み聞かせには意味が。父親が絵本を読み聞かせると、子どもの発達をより促すことができるかもしれません。

子どもの「考える力」につながる

「The Telegraph(ハーバード大学の情報サイト)」によると、父親が絵本の読み聞かせをしていると、子どもの脳内で想像力をつかさどる部分が活発になるのだとか。つまり、父親の読み聞かせは「想像力」を高める働きがあるのです。

特に、この働きは女の子に顕著だそうで、父親が積極的に読み聞かせていた子どもは「言語発達」にも影響が確認されています。我が子を知的に、想像力豊かに育てたいのなら父親が積極的に絵本を読み聞かせるのが良いという訳です。

男性ならではのリアルな読み方

なぜ父親の読み聞かせが想像力につながるのかと言うと、1つは「子どもの期待感を高めてくれる」からとされます。普段は母親がしている読み聞かせを、休みの日などに父親が。いわゆる「特別感」が子どもの期待感に影響しているのです。

また、社会人としてより現実的な思考を持っている父親だからこそ、よりリアルな読み聞かせができるのだとか。例えば、絵本で登場したもの、ことを実際に見せたり体験させたりなど。絵本と体験を結びつけようとするのは父親ならではです。

絵本の読み聞かせの3つのポイント

父親が絵本を読み聞かせることで、子どもの「想像力」につながるとのこと。「父親こそが読み聞かせの適任者」と言われたようで、やる気が出たのでは?では、実際に絵本を読み聞かせるときの注意点、3つのポイントを見ていきましょう。

オーバーな表現は必要ない

まず、父親の読み聞かせに「オーバーリアクション」は必要ありません。

表現力の豊かさは母親の、女性の得意分野です。男性として、父親としてはあえて「落ち着いた雰囲気」で読み聞かせし、子どもが絵本の内容を自分で想像できるように。淡々と読むようなイメージでも、読み聞かせとしては十分なのです。

子どもの表情を見ながら

次に、「子どもの表情を見ながら」、子どもを意識して読み聞かせしましょう。

初めての読み聞かせだと、どうしても緊張して早口になりやすいです。子どもはまだ言語的に未発達で、早口だと内容が入ってきません。普段の3倍はゆっくり、1.5倍ははっきりした口調をイメージして読み聞かせると内容が入りやすいです。

繰り返し読むことが大切

最後に、絵本の読み聞かせは「繰り返し読むこと」がとても大切です。

新生児はおよそ700回、同じ動作と単語と繰り返すことで言語を学ぶとされます。つまり、繰り返すことで子どもの言語発達をより早めることができるということ。お気に入りの1冊ができると思うので、根気強く何度も読んであげてください。

年齢別おすすめ絵本3選

絵本を選ぶ上で大切なのは、年齢に合わせた1冊を選ぶということ。いきなり文字だらけの絵本を読んでも、子どもの集中力は続きません。まずははっきりした色合いで図柄の多いものから、少しずつ文字の割合を増やすのがいいでしょう。

0歳児におすすめの絵本

0歳だからと絵本が早いということはありません。ただ、言葉の理解はまだなので、色や形のはっきりしたものが良いです。

じゃあじゃあびりびり

身の回りの「音」をテーマにした絵本で、「じゃあじゃあ」「びりびり」など新生児でも反応しやすい内容です。

わんわん わんわん

動物の「鳴き声」をまとめた絵本。「わんわん」「にゃーにゃー」など、まだ言葉が分からなくても十分に楽しめます。

はじめてのかたち FIRST LOOK

白・黒、三角・四角などの組み合わせだけで表現された絵本。はっきりした形だけなので、初めての1冊にぴったりです。

1歳児におすすめの絵本

1歳になると歩けるように、少しずつ言葉も分かってきます。子どもの好奇心を伸ばしてくれるような内容がおすすめです。

どんどこ ももんちゃん

大きな頭におむつ姿、まるで赤ちゃんのような「ももんちゃん」がお散歩をする絵本。シリーズものなので長く楽しめます。

コロちゃんはどこ?

犬の「コロちゃん」が家の中のいろいろなところを探すという絵本。仕掛けがたくさんあるので、子どもがはまりやすいです。

しあわせなら てを たたこう

誰でも1度は聞いたことのある童謡「しあわせならてをたたこう」の絵本。歌って踊ってと、体も一緒に動かせます。

2歳児におすすめの絵本

2歳になると言葉のバリエーションも増え、表情も豊かに。想像力が広がるので、ストーリー性のあるものを選びましょう。

ぞうくんのさんぽ

主人公のゾウさんが、かばやワニなどの友達とお散歩をする絵本。ちょっとユニークな内容なので、大人でも楽しめます。

おとうさん もういっかい たかいたかい

父親と子どもが楽しげに遊ぶようすを描いた絵本です。読み終わるころには、「お父さん、もう一回」が聞けることでしょう。

なにをたべてきたの?

1987年に発売、今でもなお愛され続けている絵本。大きな絵、長い間が特徴的で子どもの想像力を高めてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、父親だからこそするべきな絵本の読み聞かせについてまとめてみました。父親が読み聞かせをすることで、子どもの「想像力」と「言語能力」を高める働きが。0歳から読み聞かせはできるので、最初の育児参加にもぴったりです。

ぜひ、父親として積極的に読み聞かせをして、今しかできない大切な子どもとの時間を楽しんでください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA