出産の兆候って?こんなときは産院に連絡を!

父親の育児の悩み解決

妊娠37週を過ぎると、産婦人科の先生から「もういつでも(出産して)大丈夫ですね」などと言われるかと思います。というのも、妊娠37週以降は「正規産」と呼ばれ、胎児は外の世界でも十分に生きれる準備ができているとされるため。

予定日まで20日前後あったとしても、「もうすぐだ!」と気持ちは焦ってしまうのでは?奥さんがちょっとでも苦しそうにすると、「陣痛では?」と勘違いしてしまいます。そこで、今回は父親として知っておきたい出産の兆候をご紹介しましょう。

出産の兆候って?

「出産の兆候=陣痛」と思われがちですが、実は他にもいくつか種類があります。例えば、以下の6つの兆候が。

  • 腹部が頻繁にはる(陣痛)
  • お腹が空く(胃が軽くなる)
  • トイレが近くなる(頻尿)
  • モモの付け根あたりが痛い
  • おりものが増える
  • 胎動を感じにくくなる

ただし、出産の兆候は人それぞれで、上記以外にも様々なものが。例えば、睡眠障害や便秘なども。反対に、出産の兆候がほとんどないという方もいます。つねに気を張っていると疲れてしまうので、リラックスして過ごすのが1番です。

出産の始まる合図

妊娠37週を過ぎると「正規産」ということで、いつ生まれても問題のない時期。リラックスして過ごすのはもちろん、いつ出産となっても大丈夫なよう入院の準備だけはしておきましょう。では、本格的な出産の始まる合図をご紹介します。

血液の混じったおりもの

血液の混じった「おりもの」が出ると、出産の始まりとされます。いわゆる「おしるし」と呼ばれるもので、普段のおりものにちょっとだけ血液が混じっている状態。少しでも出血があるのなら、すぐ産婦人科に連絡をして指示を仰ぎましょう。

規則的な子宮収縮(陣痛)

腹部のはり(陣痛)が規則的になってきたら、より本格的な出産の合図と言えます。最初は1時間や30分間と長めの間隔から始まり、20分,10分と短くなることに。間隔が「10分〜7分」になったら、産婦人科に連絡するタイミングです。

ちなみに、「陣痛が始まった!」とあまり早い段階で産院に連絡しても、陣痛から出産までには初産で10〜15時間ほどはかかります。もし産院に行ったとしても「もう少ししてからにしましょう」と、自宅待機を指示されるので注意してください。

破水

出産が始まると、胎児を包みこんでいる卵膜が割れ(破水)、羊水が流れてきます。子宮口付近で割れると大量の羊水が流れるので、すぐに気づけるはず。しかし、側面で割れると少量しか流れず、破水に気づけないこともあります。

羊水には胎児を「衝撃」や「細菌感染」から守る働きが。羊水が流れたまま放置していると、胎児が無防備な状態になってしまうので危険です。尿もれ程度の水量でも、破水の可能性があるのなら産院に連絡しておくことをおすすめします。

こんなときは産院に連絡を!

2度,3度の出産であればまだしも、初産となると分からないことだらけで奥さんは不安なはず。だからこそ、父親になる身として皆さんが正しい知識をつけることがとても大切です。では、最後にすぐ産院に連絡すべき状況を見ていきましょう。

出血

出産の始まる合図にもありましたが、少しでも出血があるときはすぐ産婦人科に連絡しましょう。出産の兆候に限らず、出血は何らかの異常を示しています。特に、黒い血液は出血してから時間の経過している証拠なので要注意です。

腹痛

陣痛に伴う腹痛ならいいですが、あまりにも強すぎるときは異常を示していることがあります。場合によっては母子ともに危険な状態になってしまうことも。特に、出血と合わさっての腹痛は注意が必要なので、すぐ産婦人科に連絡しましょう。

むくみ

妊娠中はどうしてもむくみやすくなります。しかし、むくみがあまりにもひどいとき、ふくらはぎをちょっと押しただけにも関わらず、何十分も戻らないのは異常です。「妊娠高血圧症候群」の可能性があるので、産院に連絡することをおすすめします。

高熱

奥さん自身で風邪対策など気をつけていても、季節の変わり目などでちょっと体調を崩してしまうことはよくあることです。しかし、「38度以上の高熱」がでると胎児の発育に影響のでる可能性が。すぐ産院を受診して、処置を受けてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、出産の兆候、合図についてまとめてみました。妊娠37週を過ぎると「正規産」ということで、いつ出産となっても不思議ではありません。初産であれば奥さんも不安を抱えているはず。ちょっとした変化にも敏感になっているはずです。

だからこそ父親になる身として、頼りになる夫として皆さんが正しい知識で奥さんをサポートしてあげてください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA