正規産って何?スムーズに出産を迎えるには

父親の育児の悩み解決

妊娠が分かり、産婦人科を受診すると医師から「出産予定日は何月何日ですね」と知らされます。すると「じゃあ、何月何日に生まれるのか」と思いがちですが、出産予定日はあくまで予定日。予定通りに生まれるのはとても稀です。

では、いつまでの期間に生まれるのが適正なのでしょうか?反対に、いつまでに生まれてしまうと母子ともに悪影響のリスクがあるのでしょうか?今回は「正規産」について、「早産」や「過期産」、妊娠中の過ごし方についてご紹介します。

正規産って何?

奥さんが妊娠中に「正規産」という言葉を聞いたことがありますか?「正規だから正しい出産のこと?」と何となくイメージが湧くと思います。しかし、いつからいつまでが正規産なのかは知らないもの。では、正規産についてご説明しましょう。

正規産とは

正規産とは赤ちゃんの臓器、身体機能が十分に発達したとされる期間のこと。いつ外の世界にでても、問題なく発達できるとされます。正規産とされるのは「妊娠37週0日〜41週6日」まで。出産予定日の2週間ずつ前後した期間です。

臨月とは違う

「正規産と臨月は一緒?」と思う方もいますが、厳密には異なります。臨月とは「妊娠36週0日〜39週6日」までの期間のこと。正規産と比べて1週間ずつ期間が早く、臨月であったとしても妊娠37週までであれば「早産」という扱いです。

正規産より前に出産したら?

正規産であれば一般的に赤ちゃんは十分に発達しているとされます。もちろん、個人差があるので100%ではないですが、正規産であればいつ生まれても安心です。では、反対に正規産より前、「早産」だったとしたらどうなるのでしょうか?

早産とは

早産とは赤ちゃんの臓器、身体機能の発達が不十分とされる期間のことです。早産とされるのは「妊娠22週0日〜36週6日」のこと。内臓、身体機能が未発達だと心肺機能が弱い、感染症にかかりやすいなどのリスクが高くなります。

37週0日を迎えられるかがポイント

医学の発展により、未成熟な赤ちゃんでも「保育器」などを利用して元気に成長できる可能性が増えてきました。しかし、あまりにも未発達な状態で生まれると障害の現れるリスクが。一般的に「妊娠37週0日以降」かがポイントとされます。

というのも、妊娠37週以降であれば臓器の発達が進み、出産後のリスクを軽減できるとされるため。もし、お腹の強いはり、出血など「早産の兆候」が見られた場合には、すぐにかかりつけの産婦人科に相談して適切な処置を受けましょう。

正規産より後に出産したら?

正規産より前、早産で赤ちゃんにリスクがあるのはすぐに理解できると思います。では、反対に正規産より後、いわゆる「過期産」によるリスクはイメージできるでしょうか?実は、あまり長すぎる期間、赤ちゃんがお腹にいるのもリスクがあります。

過期産とは

過期産とは「妊娠42週0日以降」、つまり正規産よりあとに出産を迎えることです。一見すると良いことに思えますが、過期産に入ると赤ちゃんが発達しすぎて「巨大児」に。巨大すぎる赤ちゃんは産道を通りづらくなり、出産時が大変です。

また、胎盤の機能が低下し、赤ちゃんに十分な酸素や栄養が送れなくなったり。羊水が減少することで細菌感染を引き起こしやすくなったりなどのリスクが。ただ出産が大変になるだけでなく、過期産は母子ともにリスクを伴う状況なのです。

「過期産=危険」ではない

「過期産=危険」かと聞かれると、必ずしもそうとは言えません。早産、正規産、過期産というのはあくまで一般的に言われている期間のこと。妊娠から出産までの成長には個人差があり、妊娠42週を過ぎたからと危険とはならないのです。

ただ、過期産にリスクがあるのは確かなので、産婦人科では正規産までに出産を終えられるよう指導や対処が行われます。また、過期産(妊娠42週以降)に入ると、「誘発分娩」など出産を促すような対処が選ばれることもあります。

奥さんと一緒にお散歩しよう!

「早産の時期だ」「過期産の時期だ」と焦りすぎるのはよくないですが、できれば正規産でより安心して出産を迎えたいもの。実は、これから父親になる皆さんだからこそできる、奥さんへのサポートがあります。「お散歩」と「ストレッチ」です。

お散歩

体調によって無理は厳禁ですが、正規産の期間は「適度な運動」が推奨されています。例えば、お散歩やスクワット、階段の上り下りなど。ただ、いつ陣痛がきてもおかしくない時期なので、父親になる皆さんが側で見守ってあげてください。

ストレッチ

適度な運動と同時に、出産に向けて「マタニティストレッチ」をするのも良いとされます。股関節周りを柔らかくすることで、出産がよりスムーズになるとされるため。簡単にできるストレッチばかりなので、奥さんと一緒にぜひ挑戦してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、父親になる身として、ぜひ知っておきたい「正規産」についてまとめてみました。正規産より前だから、後だからと必ずしもリスクがあるとは言えません。しかし、早産や過期産にリスクが高くなるのは確かなので対処をする必要が。

基本は産婦人科の医師の指導を受けながら、夫として、父親になる身として奥さんをサポートしてあげてください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA